Somurie Engineer's Blog

2020年7月振り返り

7月の振り返り その後はReactNativeのスマホアプリをリリース。iPhoneとAndroidアプリとしてリリースし、AdMobの設定も完了した。 初回のためToDoアプリに毛が生えたような簡単なアプリであったが、一つ壁を乗り越えた感触であり結構満足。 Vue+NuxtでLPも作成した。 https://app.somuriengineer.com/ その後FIRE(早期リタイア系書籍)の

2020年6月振り返り

6月の振り返り Webサイトの更新検知システムを作成。自分用として運用中。 Lambdaの定期実行システムとしてテンプレート化しようと思っていたがKotlinとLambdaの相性が悪いことがネック。 Lambda上でKotlinの初回起動をする際に時間がかかっており、1度の実行で10秒以上かかることがあるため無駄なリソースを食う。 常時実行であれば良いようだが、定期実行の場合はNode.js、P

NuxtをDockerで起動する際にNuxtJS collects completely anonymous data about usageが出て起動しない

事象 NuxtのプロジェクトをDockerで起動する際に以下が表示されて起動しなくなる。 ※ nuxt_utils_collectionはコンテナ名 Attaching to nuxt_utils_collection nuxt_utils_collection | nuxt_utils_collection | > NuxtUtilsCollection@1.0.0 dev /app n

Windows上のshell実行権限でハマった

ハマったこと Windows上でGitBashを使ってファイルの実行権限を確認する時のトラップ。 Windows上で使用するファイルシステム(NTFSやFAT32)では実行権限という概念がない。 GitBash上でls -lを実行した結果実行権限があったとしても実は権限がなかったりする。 ls -lはファイルシステム上の情報を出力する。1行目が#!で始まると実行権限があるように表示するみたい。 g

AWS lambdaでKotlinHelloWorld

はじめに 先に書いておくと、色々試した結果↓このサイトがかなりわかりやすい。 ServerlessFrameworkでtemplateを使用してプロジェクトを作成でき、gradleやserverless.ymlも作成してくれるので、templateを使うべき。 Kotlinプロジェクトをgradle buildでzip化してServerlessFramework(awsやgcpへのプロビジョニング

2020年5月振り返り

5月の振り返り Reactで百人一首の読み上げシステムを作成。機能追加を行い、リリースした。 GWはKotlinとTDDに挑戦してみた。両方とも好感触。 今はWebサイトの更新検知システムを作成中。 4月から引き続き、私生活に新型コロナの影響が大きく出ている。 6月の間も引き続きリモート。通勤中のコロナ不安を避けることができるため大変ありがたい。 あり難いことに通勤時間を省けているため、勉学や運

書籍「ドメイン駆動設計入門」をKotlin+TDDで試してみた感想

はじめに 成瀬さんの書籍「ドメイン駆動設計入門」を読んで気づいた点、ポイントをまとめました。 自分用メモなので新たに気づいた点や忘れかけていた点を洗い出しています。 実装に関してはKotlinとTDDを初めて使ってみました。普段はJavaがメインですが、Kotlinを使ってみての感想も後ろにまとめてあります。 書籍を読んで気づいた点・ポイント ドメイン駆動設計を選ぶ理由 ドメイン駆動設計は初期開発

IntelliJでReactToolkitのアプリを作成しNetlifyに公開する

はじめに 遅ればせながらReact-Toolkitの存在を知りました。 試しに使ってみたら生産性が高い! 今回はIntelliJでReact-Toolkitを使ったシステムを開発する最初の手順をまとめてみました。 自分がまだReact開発に慣れていないので備忘録として細かいことも書きます笑 パッケージのインストール そもそもパッケージのインストールコマンドから書き出します。たまにしか使わないと忘れ

2020年4月振り返り

4月の振り返り Reactの文字列加工システム(上記とは別のシステム)は一旦完成。認証周りの動作確認が面倒なのでリリースせず自分用として使うことにした。あとDB周りの変更に耐えられるか微妙であった。 一方で、新たにReactで百人一首の読み上げシステムを作成中。最低限は一旦完成し、来月はリリース作業と機能追加を行う。 4月から引き続き、私生活に新型コロナの影響が大きく出ている。 1月末からリモー

2020年3月振り返り

3月の振り返り Reactの開発案件はサーバ側の対応待ち。当分リリースできなそうなのでTry for next monthに移動する。 Reactの文字列加工システム(上記とは別のシステム)を開発中。Reactに慣れてきたが、設計がうまくできていない気がしている。NoSQLのデータベース設計ももやもやしながら進めている。DB設計事例を見ながら見様見真似で実験中。リリースした後にDB修正しにくそうな

システム設計記事まとめ

はじめに システム設計に関する記事が多く、後で読み返したいと思う記事を以下にまとめました。 これからシステム設計を学ぶ人の参考になれば幸いです。 DDD ボトムアップドメイン駆動設計(成瀬さん) 記事1つでとんでもない量のDDD情報が記載されている。具体的なコードもあるため時間をかけて見てみる価値あり。書籍化もされている。 リファクタリング クラウドワークス リファクタリング専門チームによるお金周

2020年2月振り返り

2月の振り返り 税金・簿記関連の作業がメイン。初の確定申告は無事完了。 簿記2級の試験はコロナ影響のため断念。 Reactの開発案件はサーバ側の対応待ち。(リリース予定は1月だったが延期) Reactの文字列加工システム(上記とは別のシステム)を開発中。 平日の常駐先でDDD周りの学習、実装の経験を積むことができている。 Achieved 開発 SQLアンチパターンを読む → 40%読了 DD

PostgreSQLよく使うキーワードまとめ(作成中)

はじめに 以前はMySQLをよく扱っていたのですが最近PostgreSQLを扱う頻度が高くなってきました。 細かいコマンドがわからずに毎度調べているので使用頻度が高いコマンドをまとめることにしました。 DBのログイン、作り方、PL/pgSQLまで、MySQLと違うコマンドが多い(少し違うのではなく全然違う)ので少しでもPostgreSQLから離れると記憶からすぐに消えてしまうので心が折れました笑

2020年1月振り返り

1月の振り返り 税金・簿記関連の作業ばかりしていた。 法人化の検討は時間がかかったが具体的な計算ができた。計算が複雑だし法人と個人事業主とで損金算入できるものが違うことがよくわかった。調べれば調べる程情報が出てきすぎ。 ちなみに、免税事業者と任意継続健康保険の効果が大きいため今年いっぱいは個人事業主とする結論とした。 Reactの開発案件はサーバ側の対応待ち。(リリース予定は1月だったが延期)

2019年振り返り

2019年振り返り フリーランスSEになって1年が過ぎました。 良い状態で勉強し続けることができ、不安から自信へと変化した1年でした。 きりの良いタイミングなので振り返りを書いてみました。 開発現場の当たり前をキャッチアップ フリーランスに転向し、本格的な現場での開発は4年ぶりでした。 4年ぶりにもなると初見のツールやライブラリ、言語が多く、1年間は休日なしで勉強漬けになることを覚悟していました。