NodeJSのインストール

Posted by user on Saturday, December 29, 2018

TOC

はじめに

Mac上にNodeJS環境を整えたため、手順を残しておく。

環境

  • MacOS Mojave 10.14.1
  • Homebrew 1.8.4
  • rbenv 1.1.1
  • NodeJS 10.14.1
  • 作業日 2018/12/11

手順

brewコマンドでNodeJSのバージョンを管理するnodebrewをインストールする。プロジェクト毎にNodeJSのバージョンが違う場合などに役立ちます。今後のために必ず入れましょう。以下コマンドで成功するとビールのアイコンが表示されます。

$ brew install nodebrew
インストール可能なバージョンを確認します。以下コマンドの結果を見てインストールバージョンを決めます。今回は [こちら][1]のサイトより安定版であるv10.14.1をインストールします。
$ nodebrew ls-remote
以下の通りbash_profileに書き込む。
$ echo export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile
以下、1行目を実行しないと2行目でエラーになるので注意。1行目のコマンドにより必要なフォルダを作成するようです。
$ nodebrew setup
$ nodebrew install-binary v10.14.1
以下1行目の実行結果として「current: none 」が表示される。現状のバージョンはnone(指定されていない)であるため、2行目でcurrentバージョンを指定する。
$ nodebrew list
$ nodebrew use v10.14.1  # バージョンを指定する
npmが使えるようになる。
$ npm -v  # 今回は出力結果として6,.4.1のバージョンが表示された
phantomjsのインストール。2行目はインストールされたかの確認。
$ npm install -g phantomjs
$ phantomjs -v  # 今回は出力結果として2.1.1のバージョンが表示された